トップページ > 食生活を見直してホルモンバランスを整えよう

食生活を見直してホルモンバランスを整えよう

最近、女性の間で子宮内膜症や月経前症候群などのような症状に悩んでいる人が多くなってきています。どうして、最近、このような症状に悩んでいる人が多くなってきているのかというと、昔と食文化が変わってきていることも一因として考えられています。食生活が偏ってしまっていると、栄養バランスも悪くなってしまいます。

 

これによって、ホルモンバランスが崩れてしまって、月経前症候群などの症状が置きやすくなってしまうのです。一気に血糖値が上昇してしまうことによって、ホルモンバランスが崩れやすくなってしまいます。ホルモンというのは、色々な影響によってすぐにバランスが崩れてしまうものです。また、一つのホルモンに影響を与えてしまうと、他のホルモンもなし崩しに影響が出てしまうのです。一気に血糖値が上昇してしまうような食生活をしてしまっていると、膵臓からインスリンが大量に分泌されます。

 

このインスリンは、血糖値を下げる作用があるだけではなく、ホルモンバランスに影響を与えてしまうのです。それに、最近の若い人の場合、あまり野菜を食べない人が多いですので、食物繊維をしっかり摂取することが出来ずにホルモンバランスが崩れてしまうケースが多いです。食物繊維というのは、エストロゲンが過剰に分泌された場合、エストロゲンを取り込んで体外に排出してくれる作用もあります。ですから、>ホルモンバランスを保ちやすくなっているのです。 

 

 

この他にも、大豆イソフラボンもしっかり摂取しましょう。エストロゲンが不足してしまっている場合、大豆イソフラボンが、不足しているエストロゲンを補ってくれるため、更年期障害などの症状を改善しやすくなっています。また、肉料理ばかりを食べてしまっていて、魚はあまり食べていないという人も多いです。これによって、オメガ3などといった成分を十分に摂取することができていない人が増えてきていますから、青魚や植物油をしっかり食事に盛り込むようにしましょう。サプリで補うならhttp://www.kurume-sjc.com/

 

反対にトランス脂肪酸が含まれているような油は料理に使わないようにしましょう。このトランス脂肪酸というのは、不妊症や子宮内膜症などといった病気の原因になることがあるとされていますから、なるべく避けるようにしたほうが良いのです。

 

ホルモンバランスの乱れを防ぐような食生活をすることによって、女性ホルモンのバランスも保ちやすくなります。特に、妊娠をしたいという人や、出産を迎えそうになっているのであれば、なおさら普段の食事は注意をするべきなのです。

 

一回や二回食生活を変えたくらいでは、変化はありません。日ごろから、口にする食べ物について考えるようにして、少しでもホルモンバランスが保ちやすくなる食事をするようにすることで、徐々にホルモンバランスを整えていくことが出来るようになるのです。